マンション売却ガイドってどんなサービス?

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

マンション売却ガイドの3つの強み

  1. 完全無料!10年の運営実績と
    累計300万人のご利用実績
    誕生以来多くのお客様に支えられ、これまで300万人を超える一括査定が行われています。
  2. 業界最多!1000社以上の
    不動産会社から査定先を選べる
    一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社から選んで一括査定できる
  3. クレームが多い不動産会社は
    一括査定から随時排除しています
    お客様からの苦情が多い不動産会社はサービスから契約解除。厳選安心の不動産会社ばかりです。

実際の増額実績

  • 東京のマンション査定結果

    某社
    4100万円

    一括査定で430万円アップ

    東京都 高木真也さん

    結婚と妻の出産を機にマンションを購入したのですが、急な転勤で泣く泣くマンションを売却することに。初めての売却だったので不安でしたが、担当していただいた方が信頼出来たのでお願いすることに致しました。当初の予定通り転勤前に無事売却することが出来ました。

  • 大阪のマンション査定結果

    某社
    1320万円

    一括査定で200万円アップ

    大阪府 太田正輝さん

    初めてのマンション売却でしたが、不動産会社によってこんなにも査定額が違うのかと驚きました。最終的には査定額が2番目に高く、熱心に対応してくれた担当者の不動産会社に売却することに決めました。マンション売却ガイドを使ってよかったと思っています。

マンション売却の最高価格がわかる無料査定

無料査定に進む(あと少しで完了です)

マンション売却ガイドが人気の理由

「マンション売却ガイド」は、マンションを売却される方々がスムーズに高値でマンションを売却できるよう、さまざまな情報を網羅したマンション売却サイトです。

まずはマンション売却ガイドを利用する3つのメリットと、マンション売却のために知っておきたいミニ知識をご紹介しましょう。

マンションを高値で早く売却するコツがつかめる

マンションを高値で売却するには、コツが必要

住み慣れたマンションを売却するにあたって、「少しでも高値で売却したい」と思うのは、当然のことです。ただし、中古マンションを高値で売却するためには、ちょっとしたコツが必要です。

「マンション売却ガイド」では、売却するマンションの価値をできるだけ高め、マンション購入希望者に「ぜひ購入したい」と思われるコツを、わかりやすく紹介しています。今後のマンション売却に向けて、ぜひご活用ください。

マンション売却ミニ知識「高値で売るコツ」

  • 「いったい自分のマンションはいくらで売れそうなのか?」を、インターネットなどで事前調査する。同じマンションの売却事例や、近隣の同条件マンションの売却事例なども調べる。
  • インターネットの「不動産無料一括査定サイト」で、一括査定を申し込む。
  • 査定を受けた不動産業者の中から、対応や売却価格に納得できる不動産業者を2~3社ピックアップし、訪問査定を受けて1社に絞る。マンションを高値で売却するために、不動産業者選びはとても大切! 人気物件の場合は、あえて1社に決めない方法もある。
  • 購入希望者が内覧に来たときは、まさに勝負のとき!物件の魅力を最大限に伝えられるよう、あらかじめ購入希望者の年齢や家族構成を聞いて、それに合ったメリットを調べておくなど、事前の準備が必須。内覧当日も「こんな家に住みたい」と思ってもらえるようにインテリアを工夫するなど、マンション売却において一番のがんばりどころ。
  • 物件を気に入ってもらえたら、最後のシメは価格交渉。中古マンションの購入は値引きが常識なので、2,450万円で売り出したら、50万円の端数は値引きするぐらいの覚悟で、それ以上下げずに売却する工夫が大切。焦りは禁物だが、優柔不断だと売却できないので、バランス感覚が必要。

マンション売却は事前知識が不可欠! マンション売却ガイドで賢く準備を

マンション売却ガイドは、マンションを売却するときの“転ばぬ先の杖”

中古マンションを売却するというのは、非常に大変な作業です。高額な金銭が動くことへのストレスはもちろん、不動産仲介業者や買い手とのコミュニケーション、売却期間や売却価格の調整など、さまざまな難問が次々にやってきます。
こうした難問をひとつずつクリアしていくには、けっして不動産会社任せにせず、自分自身で事前にマンション売却の知識を持っておくことが大切です。

そしてまた、実際に売却を進めていきながら「これはいったいどうしたらいいんだろう?」と思ったときには、マンション売却ガイドの中から該当する項目を見つけて、お役立ていただければと思います。マンション売却ガイドを、皆さまがマンションを売却するときの“転ばぬ先の杖”として、賢くご利用ください。

マンション売却ミニ知識「これだけは知っておきたい、マンション売却基礎知識」

  • マンションの売却は、不動産業者を1社に絞って専任で売却を依頼する「専任媒介契約」と、広くいろいろな不動産業者に売却を依頼する「一般媒介契約」がある。
  • マンションを売却するには、不動産仲介業者への「仲介手数料(売却価格×3%+6万円)」の他に、「登記費用」や「印紙税」、住宅ローンの「一括繰上返済手数料」、必要に応じて「リフォーム費用」や「クリーニング費用」などがかかる。購入金額よりも売却金額の方が高い場合は、翌年の確定申告で「譲渡所得税」がかかる。

マンションの買い替えや転勤・相続など、さまざまなシーンに対応

買い替えや転勤など、ライフシーンに合わせた売却ポイントを紹介

マンションを売却する理由は、買い替えや転勤・相続など、さまざまあります。マンション売却ガイドでは、こうしたさまざまなシーンに応じた売却のポイントを、詳しく紹介しています。

もちろん不動産仲介業者も親切に相談に乗ってくれますが、現実問題として不動産の営業担当者はとても多忙です。そのため、売却希望者がまっさらな状態でいろいろなアドバイスを求めると、説明に時間を取られて業務が滞るケースもあります。

マンション売却ミニ知識「買い替えや相続の際の注意点」

  • 住宅ローンの残ったマンションを売却して、新たに不動産を購入する場合は、売却額や預貯金で住宅ローンの残債を清算して「抵当権」を抹消する必要がある。そうしないと、新たに不動産を購入することができない。
  • 親が亡くなって子供が相続した不動産を売却する場合は、相続税などに気を付けることが大切。税理士や弁護士に間に入ってもらうのが、ベストの方法。また、「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」や「空き家の発生を抑制するための特例措置」など、相続に関する特例が適用になる場合もある。

マンション売却ガイドを利用するメリットに関するまとめ

マンションを売却する人の多くは初体験なので、最初は難しい不動産用語が飛び交い、面食らってしまうこともあるかもしれません。でもこの「マンション売却ガイド」を活用すれば、変なトラブルもなく、満足できるマンション売却が実現するでしょう。

売却をスタートしてからしばらくは、家を掃除したり不動産業者と打ち合わせをするなど、煩雑なことも多くなります。くれぐれも体調を万全に整え、できるだけ早期に高値で売却できることを願っています!