茨城県の不動産(土地)査定!売却相場を一戸建てからマンションまで紹介

茨城県の不動産(土地)査定!売却相場を一戸建てからマンションまで紹介

茨城県は関東地方に属する都道府県の1つで、全国10位前後となる300万人弱の人口を有します。

つくばエクスプレスが開通したことで、近年は県南部でベットタウンとしてのニーズが上昇しており、東京オリンピックの開催も後押しして、南部の守谷市やつくば市の地価が上昇しています。

これらの地域は今後も不動産取引に拍車が掛かるでしょう。今回はそんんs茨城県の不動産取引の動向について、徹底検証していきます。茨城県で不動産売却を検討している人は参考にしてください。

まずは茨城県の不動産取引の現状を知ろう!

茨城県_土地査定_不動産売却_現状

特定地域の不動産取引の内情を計る際に、まず重要になってくるのが地価です。

建物の建設費用には多少の地域差はありますが、それでも大きな違いはありません。しかし、地価に限っては話が別です。

地価は都市部の商業地域ほど高い価格を示し、郊外になるほど低くなっていきます。そのため、自分が所有する土地がどの地域に属するかで、売却価格が大きく変わってきます。

よって、不動産売却を検討するなら、まず所有する土地の地価を知っておく必要があるでしょう。そこでまずは、茨城県の地価について確認していくことにします。

茨城県の地価公示価格の推移

下記は茨城県の2010年から2019年までの地価公示価格推移です。

年度 茨城県(坪単価) 上昇率 全国平均(坪単価) 上昇率
2010年 136,046円 ―4.86% 583,408円 ―4.61%
2011年 130,879円 ―4.55% 574,621円 ―2.99%
2012年 124,060円 ―5.38% 563,448円 ―2.58%
2013年 121,309円 ―4.17% 564,532円 ―1.76%
2014年 119,650円 ―2.60% 578,549円 ―0.60%
2015年 117,964円 ―1.74% 594,979円 ―0.30%
2016年 116,562円 ―1.32% 630,304円 +0.12%
2017年 116,086円 ―0.90% 666,066円 +0.36%
2018年 115,673円 ―0.64% 609,041円 +0.71%
2019年 115,669円 ―0.48% 741,081円 +1.17%

*上昇率:新規測定地を除いた公示地点の平均上昇率

参照先:国土交通省・地価公示価格

2019年の115,669円という地価公示価格は、300人弱の人口を擁する都道府県としては物足りない価格です。

事実、全国ランキングでも、下記のように下位にランキングしており、ワースト5位という結果になっています。

全国ランキング 都道府県名 価格(坪単価)
38位 山口県 136,159円
39位 福島県 133,239円
40位 島根県 132,915円
41位 宮崎県 130,046円
42位 佐賀県 129,562円
43位 茨城県 115,669円
44位 鳥取県 115,455円
45位 山形県 107,053円
46位 青森県 99,590円
47位 秋田県 82,504円

参照先:土地DATA・公示地価 都道府県ランキング 2019年

地価公示価格は人口数が多く、人口密度が高いところほど、高い傾向を示します。下記は全国人口数トップ10の人口密度と地価公示価格の全国ランキングをまとめたものです。

人口数順位 都道府県名 人口密度順位 坪単価順位
1位 東京都 1位 1位
2位 神奈川県 3位 3位
3位 大阪府 2位 2位
4位 愛知県 5位 5位
5位 埼玉県 4位 7位
6位 千葉県 6位 11位
7位 兵庫県 8位 6位
8位 北海道 47位 22位
9位 福岡県 7位 8位
10位 静岡県 13位 13位
11位 茨城県 12位 43位

参照先:道府県・面積・人口密度ランキング

参照先:土地DATA・公示地価 都道府県ランキング 2019年

人口数と人口密度が上位ランキングしているところは、確実に高い地価公示価格になっているのが、お分かりいただけるでしょう。

これは北海道を見てもらえば明白です。人口数は多いのに、人口密度が日本最下位であるため、地価公示価格を引き下げています。

しかし、茨城県は人口数、人口密度共に上位ランキングにもかかわらず、地価公示価格が下位ランクに位置しています。これには何か理由があるのでしょうか。

そこで今度は各市町村の地価公示価格を検証して、茨城県の地価公示価格が低い理由を探っていくことにします。

茨城県内、各市町村の地価公示価格

2019年の茨城県内各市町村の地価公示価格ランキングは下記の通りです。

順位 市町村名 価格(坪単価) 前年比
1位 守谷市 311,915円 +2.94%
2位 つくば市 261,482円 +0.26%
3位 水戸市 187,690円 -0.39%
4位 つくばみらい市 178,087円 +0.54%
5位 生久市 169,807円 +0.35%
6位 取手市 160,944円 -0.77%
7位 古河市 135,307円 +0.25%
8位 十浦市 127,288円 +0.06%
9位 日立市 125,351円 -0.71%
10位 ひたちなか市 123,338円 +0.00%
11位 那珂郡東海村 117,487円 -0.17%
12位 龍ヶ崎市 102,252円 +0.32%
13位 結城市 100,637円 -0.33%
14位 稲敷郡阿見町 95,103円 +0.42%
15位 東茨城郡大洗町 89,421円 -1.01%
16位 猿島郡五霞町 87,074円 +2.10%
17位 築西市 85,924円 -0.58%
18位 常総市 82,619円 -0.58%
19位 那珂市 82,611円 -0.70%
20位 高萩市 80,578円 -1.03%
21位 笠間市 80,480円 -1.05%
22位 坂東市 77,057円 -0.21%
23位 猿島郡境町 74,159円 +0.59%
24位 石岡市 71,787円 -0.39%
25位 鹿嶋市 71,363円 +0.27%
26位 北茨城市 69,049円 -0.94%
27位 下妻市 65,247円 -0.47%
28位 桜川市 64,999円 -0.89%
29位 神栖市 60,960円 -0.18%
30位 かみすがうら市 60,949円 -0.85%
31位 常陸太田市 59,590円 -1.22%
32位 東茨城郡茨城町 57,851円 -1.14%
33位 結城郡八千代町 57,388円 -0.42%
34位 小美玉市 49,586円 -0.96%
35位 潮来市 48,722円 -1.21%
36位 常陸大宮市 48,681円 -1.13%
37位 北相馬郡利根町 47,415円 -1.77%
38位 久慈郡大子町 39,338円 -2.50%
39位 鉾田市 38,798円 -1.05%
40位 稲敷郡河内町 37,355円 -1.29%
41位 稲敷郡美浦村 34,269円 -1.55%
42位 稲敷市 32,414円 -0.63%
43位 行方市 31,457円 -1.28%
44位 東茨城郡城里町 30,380円 -1.30%

参照先:土地DATA・茨城県の市町村地価ランキング 2019年

最高額の守谷市は311,915円と悪い数値ではありません。しかも、10位以内の市町村は全てが10万円台ですから、上位の地価公示価格が茨城県の地価公示価格にマイナス要因を与えているとは考えられません。

しかし、問題なのは5万円未満の地価公示価格が11件と多い点です。茨城県は上記のように市町村が40を超えるため、低い地価公示価格を示すところが多ければ、それだけ県全体の価格を引き下げることになってしまいます。

これが茨城県の地価公示価格が低い理由と言えるでしょう。

茨城県の不動産取引の動向は?

茨城県_土地査定_不動産売却_動向

地価公示価格は低いにしろ、300万人弱の人口と、高い人口密度が揃っているわけですから、普通に考えれば県内の不動産需要は低いはずがありません。

下記の表は公益財団法人不動産流通推進センターが公表した、2019不動産業統計集(3月期改訂)を基に、茨城県内で2014年から2016年に取り引きされた不動産件数の推移をまとめたものです。

2014年 2015年
木造 非木造 合計 木造 非木造 合計
茨城県 6,868件 2,372件 9,240件 7,057件 2,525件 9,582件
東京都 21,201件 113,970件 135,171件 21,812件 117,229件 139,041件
全国平均 5,398件 7,543件 12,941件 5,495件 7,758件 13,253件
2016年
木造 非木造 合計
茨城県 7,128件 2,489件 9,617件
東京都 21,640件 123,559件 145,199件
全国平均 5,679件 8,143件 13,822件

参照先:公益財団法人不動産流通推進センター・2019不動産業統計集(3月期改訂)

上昇数は大きくありませんが、取引件数には目を見張るものがあります。この件数は東京都とそのベットタウンの3県には敵いませんが、下記のように残り3県の中では断トツのトップです。

2016年順位 都道府県名 取引件数
1位 東京都 145,199件
2位 神奈川県 80,179件
3位 埼玉県 26,412件
4位 千葉県 24,584件
5位 茨城県 9,617件
6位 群馬県 5,892件
7位 栃木県 4,189件

参照先:公益財団法人不動産流通推進センター・2019不動産業統計集(3月期改訂)

近年は東日本大震災時の原子力発電所事故に遭った福島県が隣接していることで、風評被害が影響して、茨城県の不動産取引は低調という声も聞こえます。

しかし、この数値を見れば取り引きは低調どころか、何の影響もなく、順調に推移していると言えるでしょう。

下記は2017年から2019年の各市町村の不動産取引件数です。

2019年順位 市町村名 2017年 2018年 2019年 2019年前年度増減率
1位 つくば市 4,073件 3,734件 3,435件 92%
2位 水戸市 3,709件 3,714件 3,322件 89%
3位 土浦市 1,747件 1,763件 1,761件 100%
4位 古河市 1,675件 1,668件 1,658件 99%
5位 鹿嶋市 1,580件 1,719件 1,570件 91%
6位 ひたちなか市 1,463件 1,441件 1,424件 99%
7位 日立市 1,498件 1,420件 1,333件 94%
8位 鉾田市 1,352件 1,334件 1,311件 98%
9位 取手市 1,252件 1,271件 1,290件 102%
10位 筑西市 1,204件 1,223件 1,229件 101%
11位 神栖市 1,237件 1,270件 1,071件 84%
12位 坂東市 817件 825件 1,012件 123%
13位 牛久市 986件 984件 953件 97%
14位 守谷市 1,120件 831件 892件 107%
15位 笠間市 813件 785件 804件 102%
16位 石岡市 716件 712件 736件 103%
17位 常総市 960件 998件 729件 73%
18位 那珂市 707件 752件 729件 97%
19位 阿見町 678件 710件 727件 102%
20位 龍ケ崎市 785件 817件 701件 86%
21位 つくばみらい市 606件 938件 651件 69%
22位 稲敷市 506件 505件 641件 127%
23位 茨城町 397件 489件 597件 122%
24位 行方市 760件 639件 547件 86%
25位 下妻市 709件 786件 514件 65%
26位 結城市 676件 601件 486件 81%
27位 北茨城市 546件 433件 438件 101%
28位 常陸太田市 493件 478件 424件 89%
29位 常陸大宮市 512件 431件 415件 96%
30位 かすみがうら市 476件 440件 413件 94%
31位 東海村 366件 366件 413件 113%
32位 桜川市 424件 417件 395件 95%
33位 境町 289件 341件 324件 95%
34位 潮来市 425件 351件 312件 89%
35位 高萩市 254件 222件 274件 123%
36位 美浦村 188件 214件 249件 116%
37位 八千代町 394件 437件 235件 54%
38位 城里町 204件 189件 234件 124%
39位 大洗町 253件 165件 222件 135%
40位 利根町 154件 173件 220件 127%
41位 大子町 159件 186件 150件 81%
42位 五霞町 94件 60件 91件 152%
43位 河内町 96件 79件 81件 103%

参照先:国土交通省HP・土地取引規制基礎調査概況調査結果(集計表)

以前は不動産取引の中心は県庁所在地の水戸市でしたが、今ではつくば市が取って代わっています。

これは先に話したように、つくばエクスプレスの開通に伴う、東京のベットタウンとしての成長が大きく影響してのことでしょう。今後も東京オリンピック開催の影響により、さらなる発展が期待されています。

また不動産取引は年間1,000件を超えれば、有益な取り引きが多くなると言われています。となれば、1,000件超えが12市ある茨城県の不動産取引が盛況なのは明白な事実ですね。

茨城県の中古物件需要は?

茨城県の不動産取引が順調に行われていることが分かったところで、次は中古物件需要について検証します。

通常ならば不動産取引が順調なら、新築・中古共に需要が出てくるので、茨城県の中古物件需要は高いと考えられます。

しかし、現在は景気の回復と、県内の不動産需要が高まっているいることから、特にマンション人気が高くなっており、それに伴う中古物件需要も高まっているのが実情です。

東京オリンピック後の不動産飽和問題が懸念されてはいますが、現状は、今後も中古物件需要は上昇し続けることについては疑う余地はないでしょう。

茨城県の中古戸建て住宅の取引価格は?

茨城県_土地査定_不動産売却_取引価格

まずは中古戸建て住宅の取引価格からです。茨城県では2007年から2019年の12年間で、17,494件の戸建て住宅取引が行われています。

この件数は関東地区で5位です。

順位 県名 取引件数
1位 東京都 86,234件
2位 神奈川県 77,203件
3位 埼玉県 64,847件
4位 千葉県 52,560件
5位 茨城県 17,494件
6位 栃木県 14,164件
7位 群馬県 13,025件
8位 山梨県 5,590件

参照先:価格ドットコム

この順位は妥当なものと言えるでしょう。日本一、不動産取引件数が多い東京都はもとより、そのベットタウンである神奈川県と埼玉県、千葉県の後に続くのは当たり前のことです。

茨城県でもベットタウン化が進んではいますが、それが順位に影響してくるまでには、まだまだ時間が掛かるでしょう。いずれは既存のベットタウンを脅かす存在になるかもしれませんね。

それでは、茨城県で戸建て住宅取引の需要が多い市町村はどこなのでしょう。これは中古戸建てを売却する際にも、重要な情報になってきます。

次項で市町村別の戸建て住宅取引件数を紹介するので、所有物件の所在地でどれくらいの取り引きが行われているのかを、確認しながら見ていきましょう。

茨城県内の中古戸建て取引ランキング(市町村別)

県内各市町村で2007年から2019年の12年間で、取り引きされた戸建て住宅件数は下記の通りです。

順位 市町村名 取引件数
1位 水戸市 1,605件
2位 つくば市 1,595件
3位 古河市 1,227件
4位 牛久市 996件
5位 鹿嶋市 942件
6位 取手市 936件
7位 土浦市 896件
8位 日立市 845件
9位 ひたちなか市 786件
10位 守谷市 694件
11位 龍ヶ崎市 571件
12位 神栖市 470件
13位 築西市 452件
14位 鉾田市 424件
15位 つくばみらい市 372件
16位  稲敷郡阿見町 357件
17位 石岡市 324件
18位 笠間市 317件
19位 稲敷市 289件
20位 結城市 276件
21位 常総市 274件
22位 小美玉市 242件
23位 北茨城市 212件
24位 坂東市 211件
25位 那珂市 200件
26位 下妻市 183件
26位 かすみがうら市 183件
28位 稲敷郡美浦村 180件
29位 常陸太田市 172件
30位 北相馬郡利根町 169件
31位 那珂郡東海村 115件
32位 潮来市 113件
33位 常陸大宮市 108件
34位 高萩市 104件
35位 東茨城郡茨城町 97件
36位 結城郡八千代町 84件
37位 桜川市 80件
38位 東茨城郡大洗町 75件
39位 行方市 74件
40位 猿島郡境町 65件
41位 東茨城郡城里町 59件
42位 久慈郡大子町 41件
42位 稲敷郡河内町 41件
44位 猿島郡五霞町 38件

参照先:住宅価格ドットコム

先に紹介した市町村別の不動産取引件数の上位は下記の通りですが、戸建て住宅取引もほぼ同じ傾向が見られます。

2019年順位 市町村名 2019年
1位 つくば市 3,435件
2位 水戸市 3,322件
3位 土浦市 1,761件
4位 古河市 1,658件
5位 鹿嶋市 1,570件

参照先:国土交通省HP・土地取引規制基礎調査概況調査結果(集計表)

しかし、23位以降は年間取引件数で換算すれば、取り引きは20件を切る少なさです。下位ランクの市町村では殆ど取引がないと言っていいところも多数見られます。

茨城県内の不動産取引は順調に推移していますが、県内市町村では盛況なところと、不況なところがはっきりしており、二分化が起こっているのは明白です。

売却する不動産がどの市町村に所在するのかが、取り引きに大きな影響を及ぼします。これは茨城県内の不動産取引の大きな特徴ですから、よく覚えておくようにしてください。

実勢価格から見る茨城県内の中古戸建て取引価格

それでは茨城県内の戸建て住宅取引の実情が分かったところで、次は中古戸建て住宅の取引価格を実勢価格を参考に見ていくことにします。

まずは上位にランキングした3市からです。3市の2019年中古戸建て住宅の取引価格は下記の通りです。

住所 敷地 建物 価格 築年数
つくば市森の里 52坪 22坪 330万円 40年
つくば市南中妻 112坪 34坪 700万円 39年
つくば市みどりの中央 64坪 38坪 3,300万円 6年
つくば市みどりの中央 55坪 37坪 4,200万円 1年
つくば市みどりの中央 61坪 38坪 3,600万円 1年
水戸市吉沢町 115坪 41坪 2,400万円 4年
水戸市百合が丘町 76坪 34坪 1,400万円 25年
水戸市元吉田町 70坪 38坪 2,100万円 17年
水戸市堀町 70坪 32坪 350万円 46年
水戸市堀町 79坪 37坪 1,400万円 43年
水戸市堀町 76坪 40坪 1,700万円 7年
水戸市開江町 73坪 43坪 1,600万円 28年
水戸市千波町 56坪 22坪 1,800万円 21年
古河市常磐町 43坪 37坪 1,300万円 20年
古河市茶屋新田 73坪 37坪 1,900万円 1年
古河市下大野 61坪 37坪 2,700万円 1年
古河市三和 46坪 34坪 120万円 39年
古河市鴻巣 43坪 32坪 1,100万円 27年
古河市けやき平 61坪 38坪 1,000万円 23年
古河市上辺見 67坪 34坪 3,600万円 1年

中古戸建て住宅の取引相場は1,800円前後と言われていますが、上位3市の取引価格はそれをゆうに超えています。これは取引物件が築浅であることが影響しています。

30年前後の物件取引も見られますが、築浅物件がかなり目立っています。特につくば市では中古よりも新築取引の方が多く見られました。これは東京のベットタウンとして注目され、新たに転居してきた人が地価公示価格の安さを利用して、新築物件を購入しているという証でしょう。

このように上位3市では高額取引が目立ちますが、他の市町村では同じようにはいかないようです。

それでは上位3市以外の中古戸建て住宅の取引価格を見てみましょう。

住所 敷地 建物 価格 築年数
北相馬郡利根町大字羽根野 56坪 43坪 400万円 40年
北相馬郡利根町大字奥山 363坪 38坪 1,300万円 23年
結城郡八千代大字西大山 61坪 28坪 600万円 32年
結城郡八千代大字磯 41坪 25坪 320万円 28年
稲敷郡阿見町うずら野 61坪 40坪 950万円 16年
久慈郡大子町大字池田 28坪 14坪 500万円 14年
那珂郡東海村大字須和間 61坪 28坪 1,100万円 40年
那珂郡茨城郡茨城町大字長岡 52坪 26坪 840万円 34年
小美玉市上合 140坪 37坪 650万円 30年
つくばみらい市中島 128坪 64坪 1,600万円 36年
つくばみらい市台 333坪 46坪 700万円 47年
鉾田市半原 59坪 22坪 550万円 22年
鉾田市汲上 59坪 16坪 260万円 29年
神栖市平泉 85坪 38坪 2,100万円 10年
神栖市筒井 137坪 31坪 550万円 35年
神栖市知手中央 454坪 79坪 2,200万円 40年
かすみがうら市下稲吉 118坪 34坪 1,200万円 12年
かすみがうら市下稲吉 50坪 26坪 450万円 35年
稲敷市光葉 67坪 26坪 700万円 20年
稲敷市沼田 79坪 40坪 400万円 29年

築浅の物件がごく少数で、30年前後の物件が中心となっています。そのため取引価格も600万円前後となっており、先の3市と大きな差があるのは一目瞭然です。

このように中古戸建て住宅の取引価格には、県内で大きな地域差が生まれているのが実情です。茨城県の不動産取引件数には二分化が見られますが、取引価格にも同様の傾向が見られるというわけですね。

データ参照先:価格ドットコム・茨城県の家(新築分譲・中古住宅・建売住宅)取引価格 2019

*「本データをご利用する際は必ず自己責任のもとにご利用下さい。」

茨城県の中古マンションの取引価格は?

茨城県_土地査定_不動産売却_中古マンション取引価格

次は中古マンションの取引価格ですが、マンションの需要が高くなるのは、下記条件に該当する地域です。

  • 人口数が多い
  • 人口密度が高い

となれば、この2つの条件に該当する茨城県では、マンション需要が高いと予測できます。

2007年から2019年までの12年間で、茨城県で取り引きされたマンション件数は、2,658件と関東地区で5位です。

順位 県名 取引件数
1位 東京都 144,551件
2位 神奈川県 70,393件
3位 埼玉県 30,359件
4位 千葉県 27,063件
5位 茨城県 2,658件
6位 栃木県 1,541件
7位 群馬県 1,384件
8位 山梨県 429件

参照先:価格ドットコム

この件数は全国で見ても10番目の位置づけですから、地方都市としては高い取引件数になります。予測通り、茨城県のマンション需要は高かったというわけです。

しかし、マンション需要は県内市町村でも要不要がはっきりしています。

茨城県の人口数と人口密度が高いと言っても、県内全ての市町村で同じ傾向が見られるわけではないからです。そこでまずは、中古マンションの取引価格を確認する前に、どの市町村でマンション需要が高いのかを確認しておきましょう。

中古マンションの取り引きランキング(市町村)

2007年から2019年の12年間で、茨城県内でマンション取引があった市町村は下記12市です。

順位 市町村名 取引件数
1位 取手市 490件
2位 つくば市 477件
3位 水戸市 471件
4位 土浦市 413件
5位 牛久市 224件
6位 龍ヶ崎市 168件
7位 古河市 160件
8位 守谷市 86件
9位 ひたちなか市 70件
10位 つくばみらい市 53件
11位 日立市 46件

参照先:住宅価格ドットコム

さすが人口数が多く、人口密度の高い茨城県だけあって、取り引きしている市町村数が多く見られます。地方都市の場合、マンション取引は2,3市程度に納まっているのですが、これは筆者が今まで執筆した記事の中で一番の件数です。

上位4市の人口数は下記の通り、県内でも上位にランクしています。

順位 市町村名 人口数 増減数 世帯数
1位 水戸市 270,269人 16人 121,360
2位 つくば市 238,316人 102人 105,170
3位 日立市 177,643人 -314人 78,327
4位 ひたちなか市 155,517人 -52人 63,746
5位 古河市 139,555人 -156人 55,049
6位 土浦市 139,116人 -132人 59,586
7位 取手市 104,846人 -171人 44,797
8位 筑西市 101,468人 -97人 36,944
9位 神栖市 95,246人 -13人 39,651
10位 牛久市 84,789人 27人 34,425
11位 龍ケ崎市 76,905人 -106人 31,597
12位 笠間市 74,811人 -68人 28,929
13位 石岡市 73,480人 -94人 27,744
14位 鹿嶋市 67,482人 12人 28,411
15位 守谷市 67,211人 86人 26,810
16位 常総市 60,119人 -61人 21,571
17位 那珂市 53,574人 -5人 20,687
18位 坂東市 52,368人 -18人 17,995
19位 結城市 50,971人 -3人 19,071
20位 つくばみらい市 50,719人 17人 19,527

参照先:茨城県HP・茨城県の人口と世帯(推計)-平成31年(2019年)3月1日現在

また複数の市でマンション取引が行われているのは、人口密度の高さが影響した結果だと考えられます。下記は県内の人口密度トップ10ランキングの結果です。

順位 市町村名 人口密度
1位 守谷市 1,873人
2位 ひたちなか市 1,557人
3位 取手市 1,503人
4位 牛久市 1,439人
5位 水戸市 1,244人
6位 土浦市 1,134人
7位 古河市 1,132人
8位 那珂郡東海村 990人
9位 龍ケ崎市 981人
10位 つくば市 835人

*人口密度(総面積1k㎡ 当たり)

参照先:茨城県HP・茨城県の人口と世帯(推計)-令和元年(2019年)11月1日現在

那珂郡東海村を除くすべてで、マンション取引が行われています。そして、ここで注目してもらいたいのがつくば市です。つくば市は人口数は多いのですが、人口密度はさほど高くありません。ですが、マンション取引件数は取手市に次ぐ2位となっています。

これは再三になりますが、東京のベットタウン化が進んでいる証拠です。東京都内から居住不動産を求めて転居してくる人に向けて、マンション建設が進められているということでしょう。

今後のベットタウン化に伴い、つくば市の不動産取引は戸建て住宅だけでなく、マンション取引にも期待できるということです。

投資目的で不動産購入するならば、このつくば市が最もおすすめの市町村となるでしょう。

実勢価格から見る茨城県内の中古マンション取引価格

それでは茨城県内のマンション取引の動向が分かったところで、お待ちかねの中古マンション取引価格を見ていくことにします。

2019年に行われた中古マンション取引価格は下記の通りです。

住所 建物 価格 築年数
つくばみらい市陽光台 29坪 3,500万円 12年
つくばみらい市陽光台 19坪 2,700万円 4年
つくば市松代 25坪 1,300万円 26年
つくば市東新井 26坪 3,400万円 16年
つくば市二の宮 22坪 1,500万円 26年
つくば市研究学園 23坪 3,000万円 16年
つくば市吾妻 22坪 4,000万円 2年
牛久市田宮 22坪 1,400万円 21年
牛久市田宮 22坪 1,800万円 21年
龍ヶ崎市松ヶ丘 20坪 450万円 12年
土浦市荒川沖西 20坪 1,300万円 16年
日立市幸町 23坪 1,800万円 13年
水戸市宮町 20坪 2,200万円 13年
水戸市梅香 25坪 2,300万円 14年
水戸市大工町 16坪 1,800万円 6年
水戸市城南 22坪 1,700万円 12年
水戸市河和田 22坪 1,500万円 12年
つくば市みどりの 23坪 2,600万円 10年
つくば市花畑 29坪 2,000万円 11年
土浦市大和町 23坪 1,800万円 11年
土浦市港町 19坪 1,000万円 14年
土浦市港町 20坪 980万円 12年
土浦市東真鍋町 22坪 1,000万円 14年
土浦市湖北 20坪 980万円 24年

参照先:マンション価格ドットコム・茨城県のマンション(新築分譲・中古住宅・建売住宅)取引価格 2019

*「本データをご利用する際は必ず自己責任のもとにご利用下さい。」

茨城県の中古マンションの取引相場は1,500万円前後といわれていますが、今回のデータを見てみると中古戸建て住宅と同じように、取引相場をゆうに超えているのが見て取れます。1,800万円前後といったところでしょうか。

これはつくば市と水戸市の取引価格が特に高いことが影響してのことでしょう。この2市は10年から15年ほどの物件が多く、地価も高いため、取引価格を上昇させているというわけです。

この2市ならば高額売却も期待できるでしょう。

また、茨城県は中古戸建て住宅と中古マンションの取引価格にさほど違いが見られません。これは茨城県の不動産取引の大きな特徴ですから、覚えておくようにしてください。

茨城県で実際に不動産売却をした人の口コミ評判

離婚を機に売却を検討

結婚を機に以前から憧れていた、自然豊かな水戸市に戸建て住宅を新居として購入しました。しかし、結婚して30年が過ぎたころ、妻と離婚することになり、1人マンションに住むことになったのです。

そこで処分に困ったのが妻と共に住んでいた家です。売却して手放すのが一番いい方法だとは分かっていたのですが、長年の思いが詰まった家をすぐに手放すことができず、しばらくそのままにしていました。

しかし、いつまでもそのままにしておくこともできず、引っ越してからしばらくたって、売却する決心がついたのです。ですが、実際に売却しようにも、どうすればいいのか分からず、離婚後も連絡を取り合っていた妻に相談したところ、一括査定サイトを勧められました。見積もりを出してくれた不動産会社の中から、一番対応がよかったところに委託することに決めたのです。

妻と話せたことで悲しい気持ちも収まり、担当者がフレンドリーでとても感じがよかったため、悲しい気持ちも段々薄れてきたので助かりました。しかし、売りに出した家は築30年を超えていたため、なかなか購入してくれる人が出てこなかったのです。

ですが、半年がたった頃、やっと買い手が見つかり売却することができました。しかも、今回の売却で妻と連絡を取り合ったおかげで、和解することができ、復縁後は新居を購入して一緒に住むことになったのです。

今回の売却がなければ妻と復縁することはなかったでしょう。そう思えば、今回の売却は本当に満足しています。

相続を機に土地を売却

私は桜川市の祖父の代から住んでいる実家に住んでいたのですが、一人残っていた父親が亡くなったことで、私がその実家を相続することになったのです。他にも兄弟がいたのですが、全員結婚しており、それぞれにマイホームを購入していたため、揉めることなく住んでいた私が相続しました。

しかし、1人で住んでいると家が古いこともあり設備的に不都合なことが目立ち始め、住みづらいと感じてしまう様になってしまったのです。

そこで売却を考え始めたのですが、家を売ろうにも古すぎるため、買い手が付くとは思えず、考えた挙句、土地の売却という手段を思い付きました。

しかし、土地とした売却しようにも、その方法や手段が思いつかず、途方に暮れていたのです。そこで知人に相談すると、インターネットで調べてみればと言われ、不動産会社が運営しているサイトで細かい情報を得ることにしました。

そして、そのサイトを運営している不動産会社に売却を依頼し、とりあえず売却できるのを待つことにしたのです。

サイトから依頼したことで助かったのは、不動産会社に行かなくても、電話やメールで連絡で状況確認ができた点です。また質問してもすぐに回答をくれたので、分からないこともなく、安心して任せることができました。不動産会社の担当者もしっかり対応してくれ、最初感じていた不安も解消でき、買い手が見つかったので良かったです。

転勤を機に投資用マンションを売却

私は両親と共に実家に住んでいたのですが、それとは別に日立市に投資用として数年前に購入したマンションを所有してました。

しかし、来年から大阪へ転勤することになったため、マンション管理が難しくなることを考え、売却することにしたのです。購入価格がかなり高いマンションだったので、売却時期を検討した方がいいかとも思ったのですが、子供の養育費のためにも蓄えは必要と考え、転勤を機に売却することに決めました。

家族にも相談して売却することが決まった後は、一括査定サービスを利用して6社から査定見積もりを取りました。驚いたのは不動産会社によって、見積もり価格が全く違っていた点です。

早急に売却する必要はなかったので、相場を確認した上で、納得のいく値段で売却したかったため、一番高額査定をしてくれた不動産会社に売却を依頼しました。

売却までに時間が掛かると覚悟していたのですが、築年数も浅く、好条件のマンションだったため、すぐに買い手が現れたのです。売却時には担当者がしっかりとフォローしてくれたため、スムースに進められとても助かりました。

最初は担当者をどこまで信用していいのか分からず、心配でしたが、担当者がとても厚いフォローをしてくれたので、安心して任せることができました。不動産を売却する際には、担当者がどうなのかが重要なポイントになってくるんだなと痛感させられたしだいです。

茨城県で少しでも高く不動産を売るには査定が重要!

茨城県_土地査定_不動産売却_査定の重要性

一通り今回のテーマの解説が終わったところで、不動産売却で欠かせない、少しでも高く売却するための方法についてお教えしましょう。

少しでも高く売却する方法については、多くのサイトで様々な方法が紹介されていますが、今回お教えするのはそれら方法の基本中の基本となる、下記2つの重要ポイントです。

  • 少しでも高い査定価格を取る
  • 少しでも優良な仲介業者を見つける

これら2つをクリアできれば、高い確率で満足のいく売却価格で売却することができますよ。

複数からの査定見積もりが必須条件!

売却価格は売出価格を基に購入希望者との話し合いで決定されます。ここで売却価格に影響を与えるのが値引きです。交渉時には必ずと言っていいほど、値引き交渉が行われるので、余程人気の高い物件でなければ、値引きは避けることができません。

ここで売出価格がいくらなのかが、売却価格に大きく影響してくるのです。売出価格は査定価格を基に決定されます。

よって、査定価格が高い方が販売価格は確実に高くなります。となれば、値引きがあろうがなかろうが、査定価格が高い方が売却価格は高くなるのは言うまでもありませんよね。

しかし、査定見積もりが高ければ、それでいいというわけではありません。求められるのは仲介業者の実力です。

査定価格が高くても、販売力が伴わない仲介業者では、その金額は絵に描いた餅になってしまいます。値引きに値引きを重ね、ガッカリするような売却価格になってしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、仲介業者の選定時には、相手の実力をじっくりと見極める必要があります。

となれば、これら2つが重要ポイントと言われる理由は理解してもらえたでしょう。

そして、今紹介した2つの重要ポイントをクリアするために必要なのが、複数社からの査定見積もりです。

1社への査定見積もりでは他との比較対象がないため、これら2点を確認することができません。そのためできるだけ多くの不動産会社へ査定見積もりを依頼する必要があります。

そこでおすすめしたいのが、一括査定サービスです。一度の申し込みで、複数社へ査定見積もりを依頼できます。

マンション売却ガイドというサイトでは全国1,700社以上の優良な不動産会社の中から、一括で最大6社の査定見積もりを受けられます。

60秒もあれば全国どこからでも一括査定が依頼できるので、少しでも高く売却したいなら、ぜひ利用してみてください。

 

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら

マンション売却ガイドで査定可能な茨城県内の市町村

マンション売却ガイドで査定可能な茨城県内の市町村は下記の通りです。

日立市/ひたちなか市/筑西市/常陸太田市/高萩市/北高萩市/常陸大宮市/那珂市/那珂郡東海村/久慈郡大子町/水戸市/笠間市/小美玉市/東茨城郡茨城町/東茨城郡大洗町/東茨城郡城里町/鹿嶋市/潮来市/神栖市/鉾田市/行方市/つくば市/土浦町/取手市/牛久市/龍ヶ崎市/石岡市/守谷市/稲敷市/かすみがうら市/つくばみらい市/稲敷郡阿見町/稲敷郡河内町/稲敷郡美浦町/北相馬郡利根町/古河市/築西市/常総市/坂東市/結城市/桜川市/下妻市/結城郡八千代市/猿島郡五霞町/猿島郡境町

当サイトがおすすめする県内の不動産会社

それでは最後に茨城県内のおすすめ不動産会社を紹介しておきます。

茨城県は今後、東京都のベットタウンとして成長していくことが予測されます。つくばエクスプレスが開通したことで、地価の安い茨城県は他のベットタウンよりも注目が高まるのは必至です。

そのため、東京都内で居住不動産を求める人や、他県の東京都への転居者をターゲットにすることが成功のカギとなってくるでしょう。

できるならば全国各地から集客が募れる大手不動産会社がおすすめです。できるだけ大手不動産会社をピックアップするので、仲介業者選びの参考にしてください。

①ハウスドゥ!つくば中央店

茨城県_土地査定_不動産売却_ハウスドゥ

ハウスドゥ!つくば中央店は全国展開しているフランチャイズ不動産会社の加盟店で、福島県いわき市に本社を置く株式会社グリーンタウンが運営しています。

ハウスドゥ!つくば中央店のウリは情報サイトと全国ネットワークを駆使した、集客層の広さです。

  • 自社HPによる物件広告
  • ハウスドゥ!チェーンポータルサイトによる物件広告
  • SUUMO等の不動産ポータルサイトによる物件広告

つくば市は東京都だけでなく、東京都に転居してくる人のベットタウンですから、全国から集客が見込めるため、全国にネットワークを持つ、大手不動産会社の情報網による集客力は見逃せません。

その点でい言えば、このハウスドゥ!つくば中央店は、おすすめの不動産会社と言えるでしょう。

また、売却方法が下記3つから選べるのも、売り主にとってはありがたいところです。

  • 仲介:仲介業者として買い手を見つける
  • 買取:買取業者として物件を買い取る
  • リースバック:物件購入後、賃料支払いで住み続けられる

特にリースバックに対応しているところはまだ少ないので、売却した後も住み続けたいという人は、一度相談してみるといいでしょう。

つくば中央店所在地 つくば市吾妻3丁目13‐1芝原ビル1階B号室
運営会社 株式会社グリーンタウン
設立 未公開
資本金 未公開
社員数 未公開
免許登録番号 宅地建物取引業・各地方整備局等(02)第008661号

公式HP:ハウスドゥ!つくば中央店

②香陵住販株式会社

茨城県_土地査定_不動産売却_香陵住販株式会社

香陵住販株式会社は水戸市を中心に、県内下記17店舗を展開している地域密着型の不動産会社です。

店舗名 店舗所在地 電話番号
ひたちなか支店 ひたちなか市東石川2‐1‐13 029‐354‐1600
市毛支店 ひたちなか市市毛895‐1 029‐354‐8600
PMひたちなか ひたちなか市東石川2‐1‐13 029‐308‐2100
東海支店 那珂郡東海村舟石川駅西2‐6‐11 029‐306‐0200
日立支店 日立市助川町1-14‐12 0294‐89‐3200
日立南支店 日立市森山町3‐1‐27 0294‐85‐7800
PM日立・東海 日立市森山町3‐1‐27 0294‐85‐7800
つくば研究学園支店 つくば市研究学園5‐2‐5 029‐886‐5500
つくば天久保支店 つくば市天久保3‐9‐1 029‐875‐7300
つくば支店 つくば市東新井19‐7 029‐846‐5700
PMつくば つくば市天久保3‐9‐1 029‐846‐6800
ネット支店 水戸市南町2‐4‐39 2階 029‐300‐6100
駅南支店 水戸市城南1‐7‐27 029‐228‐4700
赤塚駅前支店 水戸市姫子2丁目352‐28 029‐257‐8870
50号バイパス支店 水戸市笠原町1251‐3 029‐353‐7500
茨大前支店 水戸市袴塚3丁目6‐26 029‐302‐3030
県庁南大通り支店 水戸市笠原町416‐7 029‐244‐7300

水戸市だけでなく、ひたちなか市や日立市、つくば市にも対応しており、県内では最大規模の不動産会社として知られています。

仲介だけでなく、買取にも対応しているので、地域密着型の不動産会社を探している人には、おすすめの不動産会社となってくるでしょう。

本店所在地 水戸市南町2‐4‐33
設立 1981年10月5日
資本金 3億4,637万6,600円(2019年9月末日)
社員数 177人(2019年9月末日)
免許登録番号 宅地建物取引業・国土交通大臣(03)第007026号

公式HP:香陵住販株式会社

➂不動産ビジネス館

茨城県_土地査定_不動産売却_不動産ビジネス館

不動産ビジネス館は株式会社不動産情報館ツジタが運営している、地元密着型の不動産会社です。

基本的に不動産ビジネス館は事業用地や投資用物件をメインに扱っていますが、居住用不動産も積極的に取り扱っています。

この不動産ビジネス館の最大のメリットは、下記の大手ポータルサイトと提携した大規模な宣伝力です。

  • SUUMO
  • アットホーム
  • ホームズ

また水戸駅周辺に店舗を構えているため、店内広告も人目に触れることが多く、売り手の要望にマッチした買い手も見つかりやすい点も見逃せません。

本店所在地 水戸市南町2‐4‐33
運営会社 株式会社不動産情報館ツジタ
設立 未公開
資本金 未公開
社員数 未公開
免許登録番号 宅地建物取引業・茨城県知事(09)第003395号

公式HP:不動産ビジネス館

④有限会社ビーイング

有限会社ビーイングはひたちなか市に店舗を置く不動産会社です。

ひたちなか市を専門とした仲介専門店で、下記のように取扱物件が多彩な点が大きな特徴になります。

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 事務所
  • 店舗
  • 投資用物件
  • リゾート物件

また地域事情に詳しいため、ひたちなか市の不動産仲介では、高いマッチング率を誇るので、ひたちなか市で売却を検討しているなら、ぜひ候補の1つに入れてもらいたい不動産会社です。

本店所在地 ひたちなか市大字中根888‐1
設立 未公開
資本金 未公開
社員数 未公開
免許登録番号 宅地建物取引業・茨城県知事(04)第006224号

公式HP:不動産ビジネス館

茨城県の不動産(土地)売却査定・相場|一戸建てからマンションまでのまとめ

茨城県では市町村間で、不動産取引件数と地価公示価格に二分化状態が見られますが、取引自体は盛況に行われています。

特にベットタウン化が進む、つくば市での取り引きには目を見張るものがあります。しかも、10市以上で年間取引件数が1,000件を超えていることからも、複数の市で有益な不動産取引が可能な稀有な県と言えるでしょう。

しかし、高額取引に関しては、地価公示価格の高い数市に限定されるので、この点はよく理解しておく必要があります。

今回解説した茨城県の不動産取引の特徴をよく理解して、有益な不動産取引を行うようにしてください。

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら