千葉県の不動産(土地)査定!売却相場を一戸建てからマンションまで紹介

千葉県の不動産(土地)査定!売却相場を一戸建てからマンションまで紹介

不動産の価格は場所によって大きく違います。例え隣地であっても、日当たりや立地の違いで価格も違います。不動産を売却する場合はこのような特徴や地域の相場を押さえることが重要です。

今回の記事では、千葉県の不動産取引の現状や売却相場、おすすめの不動産会社について解説をしていきます。千葉県で不動産売却を予定している方は、ぜひお読みください。

千葉県の不動産売却(土地査定)は一括査定が最適!

千葉県 土地売却 一括査定

千葉県で不動産を売却する場合、不動産会社の査定をして物件の価格を知ることが肝心です。査定を通じて売却する物件の価格を知ることで、買主との価格交渉も有利に進めることが可能になり結果として高く売ることに繋がります。

不動産の査定を依頼する場合に便利なのが下記のような一括査定ツールです。使うことで、ネット上で複数の不動産会社へと一括で査定を依頼することが出来ます。

質問に答えていくだけで依頼することが出来ますし、完全無料で大手だけでなく千葉県の地場不動産会社も選べて魅力ですのでぜひ活用してみてください。

 

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら

知っておきたい!千葉県の不動産取引の現状は?

葉県 土地売却 取引 現状

それでは千葉県の不動産取引の現状について見ていきましょう。千葉県の人口は626万人と全国6位の人口を誇り、県内には人口100万人規模の千葉市を筆頭に人口約64万人を有する船橋市や、50万都市の市川市・松戸市や40万都市の中核市である柏市など多くの大規模な自治体が存在しています。

更に千葉市は国家戦略特区や国際会議観光都市などにも指定されており、国際都市としての役割も果たしています。

その一方で、千葉県内には日本三大漁港の一つである銚子漁港や京葉工業地帯などの工場が集積している地域もあり、住宅地・商業地・工業地とバランスのとれた産業構造を形成しています。

そのため不動産取引も活発で、国土交通省の不動産取引価格情報検索のデータによると千葉県での直近1年間での不動産取引件数は10,572件と他の都道府県に比べるとかなり多い水準です。

同じ千葉県の中でも東京に隣接した西地域や、県庁所在地の千葉市がある中央地域に人口や不動産取引が集中しており、県南部や東部は自然豊かなエリアが広がっているのも千葉県の特徴です。このように同じ県内でも首都圏の一角を成している大都市と、漁港などの自然豊かなエリアが同居しているのが千葉県の特徴です。

千葉県の地価公示価格の推移

不動産の相場を調べる場合、公示価格を確認するのが簡単で分かりやすい方法です。公示価格は売り急ぎなどの特別なケースの売買ではなく、自由な取引における場合に成約する価格を基準として毎年発表しています。公示価格を調べれば、その周辺の概ねの価格は分かります。

千葉県内の公示価格の過去10年の推移は、下記の表の通りです。

年度 公示価格(㎡単価) 前年比
2011年 123,564円 ▲1.84%
2012年 120,365円 ▲2.14%
2013年 116,232円 ▲1.11%
2014年 116,835円 +0.09%
2015年 117,460円 +0.23%
2016年 116,709円 +0.40%
2017年 117,321円 +0.45%
2018年 119,252円 +0.66%
2019年 123,532円 +1.07%
2020年 127,920円 +1.28%

参照:国土交通省「地価公示価格」

上記の表は千葉県内における公示価格の平均価格です。千葉県内の公示価格は2013年を底にして、その後上昇が続いています。2013年は日銀による大規模金融緩和が始まった年であり、その後首都圏を中心に不動産価格は上昇を続けています。

千葉県においても同じような動きをしており、上昇幅も年々大きくなっているのも特徴的です。

千葉県の地価公示価格の動向

千葉県の公示価格の中でも上昇幅を牽引しているのが商業地です。特に東京に近い県西部や県庁所在地の千葉市のある県中央部の商業地の上昇幅は前年比+3.6%と大きく、県内の地価上昇を牽引しています。下記の図は千葉県内の商業地の公示価格の変動率を色分けしたものです。

参照:千葉県「平成31年地価公示」より抜粋

東京に隣接している地域が上昇し、逆に東京から離れている地域ほど下落しているのが分かります。中でも目立つのが君津市の上昇幅の高さですが、アクアラインと圏央道の開通によって木更津市や君津市の利便性が増していることが要因です。

千葉県はその立地から東京に通勤する人のベッドタウンとしての人気も高く、人口の流入が続いていることも不動産価格の上昇要因となっています。県庁所在地のある千葉市もJR総武線沿線を中心に利便性が高く、地価の上昇が続いています。しかし一方で駅から徒歩圏外のエリアでは下落している地域もあります。

また千葉県内では先ほども説明したように、圏央道の開通が続いておりますます交通の利便性が高くなっています。東京湾アクアラインと圏央道がつながったことで、木更津市などの東京湾に面した地域の住宅価格も大幅に上昇が続いています。

一方で2011年の東日本大震災の際、千葉市や浦安市などで大規模な液状化現象が起き土地価格が下落したとがありましたが、その後対策工事を行っており現在でも対策が続いています。

このように県全体としては価格の上昇が続いている千葉県ですが、全国平均に比べると上昇幅はやや緩いです。下記の表は公示価格の全国平均と千葉県の推移を比較した表です。

参照:国土交通省「地価公示価格」より当方作成

千葉県の公示価格の推移を全国平均と比較すると、概ね同じような動きをしていますが近年の上昇幅は全国平均に比べると緩やかです。これは千葉県の中でも西側の地域や中央地域の地価は上昇をしていますが、県南部の房総半島地域や香取市や印西市などの県北部では地価の下落が続いていることが要因です。

このように同じ千葉県の中でも地価の動きは様々であるため、千葉県で不動産を売却する際にはどのような価格のエリアであるかを見極めることが重要です。

千葉県で土地の売却をする場合は、下記の一括査定サイトを利用することでそのエリアの相場やその時の査定が無料で行えます。大手だけでなく、千葉県に強い地元の不動産会社の査定も行えますからぜひ利用してみてください。

千葉県の中古物件売買推移

続いて千葉県の不動産取引の件数を紹介していきます。少し古いデータですが、下記の表は千葉県で行われた住宅の取引件数の推移をまとめたものです。

年度 木造 非木造
2014年 11,957件 12,034件
2015年 11,338件 11,396件
2016年 12,708件 11,786件

参照:公益財団法人不動産流通推進センター・2019不動産業統計集(3月期改訂)

千葉県内の住宅は、木造の戸建てに比べると非木造で作られるマンションの割合が高いことが特徴です。この傾向は県西部や中央部の都市化されている地域ほど高く、県南部や北部では戸建て住宅の方が多いです。取引件数も同様で、西部や中央部の取引件数が集中しているのが千葉県の特徴です。

下記の表は国土交通省が発表している直近1年間の不動産取引件数をまとめたものです。

市町村名 取引件数
千葉市 1,477件
船橋 1,157件
松戸市 754件
市川市 783件
銚子市 85件
舘山市 86件
旭市 85件
勝浦市 47件

参照:国土交通省「不動産取引価格情報検索」

上記のように千葉県の不動産取引件数は、東京に近いエリアに集中しているのが分かります。一方でその他の地域においては年間の取引件数が100件に満たないなど、二極化が顕著です。千葉県で不動産を売却する場合は、エリアの特性を掴んでおくことが重要と言えるでしょう。

千葉県の戸建ての取引価格は?

千葉県 土地売却 戸建て 取引価格

物件を売却する場合に必ずと言って良いほど調べるのが、これまでの取引価格でしょう。不動産の価格は近隣の事例などを参考に設定する場合も多く、取引事例比較法という評価方法もあるぐらいです。

それぐらい周辺の取引事例は不動産売却の際に重要な情報となりますので、千葉県で物件を売却する場合の参考になる取引事例を紹介します。

まずは戸建ての価格から見ていきましょう。

実勢価格からみる取引価格

千葉県では全体の不動産取引が活発なため、取引事例の探しやすいエリアと言えます。下記が実際に千葉県で行われた戸建ての取引事例になります。

取引年 所在地 交通 築年数 敷地面積 建物面積 価格
2019 千葉県千葉市中央区若草 蘇我駅徒歩13分 新築 37坪 28坪 3,000万円
2019 千葉県千葉市中央区登戸 千葉駅徒歩10分 新築 32坪 32坪 5,000万円
2018 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央 鎌取駅徒歩24分 14年 61坪 40坪 2,800万円
2019 千葉県千葉市花見川区南花園 新検見川駅徒歩12分 1年 26坪 31坪 4,000万円
2019 千葉県船橋市山手 塚田駅徒歩12分 2年 26坪 28坪 3,500万円
2019 千葉県松戸市三ケ月 馬橋駅徒歩11分 6年 32坪 29坪 2,800万円
2019 千葉県市川市南行徳 南行徳駅徒歩9分 15年 40坪 38坪 5,200万円
2019 千葉県浦安市今川 新浦安駅徒歩14分 1年 35坪 31坪 5,800万円
2019 千葉県木更津市真舟 木更津駅徒歩30分 新築 50坪 37坪 3,500万円
2019 千葉県館山市湊 館山駅徒歩24分 新築 53坪 35坪 2,600万円
2019 千葉県成田市玉造 成田湯川駅徒歩16分 12年 59坪 35坪 3,500万円
2019 千葉県野田市山崎 梅郷駅徒歩11分 新築 41坪 29坪 2,700万円

参照:住宅価格ドットコムより抜粋

千葉県の戸建ては同じ県内でも地域によって価格差があることが分かります。千葉市や松戸市、船橋市などは土地価格が高いエリアですから土地の広さも20後半~30坪台が中心です。しかし木更津市や成田市などの都市化があまり進んでいない地域では50坪程度の底地面積が多いです。

また戸建ての場合は、やはりどの物件であっても駅からの距離が10分以上離れた立地となっているのも特徴的です。

千葉県の住宅価格は、全国平均と比べると高いでしょうか。少しデータが古いですが下記のデータは平成29年の三大都市圏における戸建ての平均価格です。

参照:不動産ジャパン「平成29年における一戸だけ価格の平均価格」より抜粋

上記の表と千葉県の成約事例を比べると概ね、首都圏の平均価格と一致します。このことからも千葉県は県西部~中央部が東京都市圏の一角となっており、平均価格も首都圏と同水準であることが分かります。一方で舘山市や野田市の事例を見ると、新築であっても1,000万円以上価格が安く、同じ千葉県であっても価格に開きがあります。

上記の表の中でも特徴的なのが、首都圏のみが価格が突出して高いことです。首都圏の平均価格に比べると、近畿圏や中部圏の都市圏であっても1,000万円程度の価格差があります。千葉県は一つの県の中に首都圏と同水準の相場のエリアと、他の都市圏と同水準の価格のエリアが混在していることが分かります。

千葉県のマンションの取引価格は?

千葉県 土地売却 マンション 取引価格

続いてマンション価格の事例を紹介していきます。土地のある戸建てと違ってマンション価格の大半は建物が占めます。そのためマンションを売却する場合は、戸建て以上に取引事例は重要です。

実勢価格からみる取引価格

千葉県のマンションは都市化の進んでいる東京に隣接している西部や中央部に集中しています。下記が千葉県内で取引されたマンションの事例です。

取引年 所在地 交通 築年数 床面積 価格
2019 千葉県千葉市中央区新宿 千葉駅徒歩8分 2年 20坪(65㎡) 4,100万円
2019 千葉県柏市若柴 柏の葉キャンパス駅徒歩2分 11年 23坪(75㎡) 3,900万円
2019 千葉県松戸市東松戸 東松戸駅徒歩5分 8年 23坪(75㎡) 3,400万円
2019 千葉県松戸市新松戸 新松戸駅徒歩10分 新築 19坪(60㎡) 1,900万円
2019 千葉県船橋市浜町 南船橋駅徒歩5分 12年 23坪(75㎡) 3,500万円
2019 千葉県市川市南八幡 本八幡駅徒歩2分 新築 16坪(50㎡) 3,600万円
2019 千葉県千葉市中央区千葉港 千葉みなと駅徒歩4分 14年 23坪(75㎡) 3,000万円
2019 千葉県浦安市高洲 新浦安駅徒歩18分 16年 31坪(100㎡) 5,000万円

参照:マンション価格ドットコムより抜粋

千葉県のマンションは駅近の物件ほど、都内へ通勤する方から人気が高く築年数が10年以上経過した物件でも3,000万円以上の価格で取引がされています。マンションの広さは60~70㎡程度の物件が多く、ファミリー向けの物件の取引事例が多く見られます。

概ね都心のマンションと同じような値動きをしており、駅近や都心までのアクセスの良い物件や、大手マンションデベロッパーの物件などは人気の高い傾向にあります。

千葉県のマンション価格は戸建てと同様に、全国平均と比べると高いですが東京都内などに比べると割安です。下記の表は首都圏のマンション価格の年度毎の平均価格です。

参照:株式会社不動産経済研究所「首都圏マンション市場動向」より抜粋

2019年度の価格を見てみると首都圏平均の価格が6,055万円なのに対し、千葉県の価格は4,366万円と首都圏の中では一番低いことが分かります。一方で東京都区部の平均価格は7,400万円と突出して高く、平均を引き上げています。

このように千葉県のマンションは首都圏の中では割安と言えますが、対前年比の増減率では+2.6%と首都圏の中では一番の上昇率です。千葉県のマンションが人気を集めているのが分かります。

千葉県の不動産を高く売るためのポイント!

 

複数の不動産会社に査定を依頼する

千葉県 土地売却 高く売る

これまで説明したきたように千葉県の不動産価格は、東京に隣接している県西部や中央部と、それ以外の地域で価格が大きく違います。住宅地だけでなく商業地の上昇幅が大きいというのも千葉県の不動産の特徴です。

また圏央道とアクアラインが繋がったことで、近年は木更津市周辺などの従来不動産価格の低かったエリアが急上昇をしています。

千葉県の不動産価格はこのように場所や用途、交通のアクセスなどで価格に大きな差が出ています。そのため正確な査定をするためにはそのエリアをよく知っている不動産会社に依頼をすることが重要と言えます。

一口に不動産会社と言っても様々で、地域に密着した不動産会社から、まんべんなく広い地域をカバーしている大手もあります。そのため同じ物件の査定を依頼しても、不動産会社によって査定額が違うこともあります。

千葉県のような不動産価格が多様なエリアで正確な査定額を知るには、複数の不動産会社の査定を比較することが重要です。また査定額を見比べることで、そのエリアに強い信頼の出来る不動産会社を見つけることも可能になります。千葉県で物件を売却する際には必ず複数の不動産会社から査定を取るようにしましょう。

一括査定できるポータルサイト〈マンション売却ガイド〉を活用!

不動産会社に査定を依頼するには二つ方法があります。直接訪問して依頼をする方法と、インターネット経由で依頼をする方法です。どちらも査定額に影響はないのですが、やはり複数の査定をするのであればインターネット経由がオススメの方法です。

インターネット経由で依頼するのにも色々な方法がありますが、中でもオススメなのがマンション売却ガイドというサイトの一括査定です。

このサイトを使えば複数の不動産会社に一括で依頼をすることが出来ます。査定を依頼する方法も簡単で、質問に答えて行くだけで査定依頼をすることが出来ます。

他のサイトに比べると提携している不動産会社が多いのも特徴で、完全無料で大手不動産会社だけでなく千葉県の不動産市況を熟知した地場不動産会社にも査定を依頼することが可能ですので、千葉県で不動産売却の際には利用することをオススメ致します。

 

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら

千葉県の土地・不動産売却におすすめ不動産会社一覧

千葉県 土地売却 不動産会社

不動産の売却で不動産会社が行うのは査定だけではありません。買主との交渉や売買契約など、不動産会社が行う業務はとても重要です。そのため不動産会社選びは、不動産売却においても重要なポイントです。

ここでは千葉エリアに強い不動産会社を紹介していきますので、ぜひ不動産会社を選ぶ際の参考にしてください。

大手不動産会社

やはり大手は安心感があります。大手と言っても全国展開をしている企業ではなく、千葉県全域に店舗展開をしている地域密着の大手不動産会社です。

株式会社さくら土地

本社所在地 千葉県木更津市請西4丁目5-15
免許番号 千葉県知事免許(4)第14026号
設立 平成12年7月5日
特徴 千葉県内全域に12店舗を有している大手不動産会社。その店舗網によって千葉県全域を営業エリアとしており、2019年の千葉県内の戸建ての買取再販実績は1位となっています。不動産の売買だけでなく賃貸にも強みがあるのも特徴で、まさに千葉県を代表する不動産会社と言えます。
口コミ情報 ・社員の接客がとても素晴らしかったです。

・古い家も綺麗にリフォームされてます

三井不動産リアルティ千葉株式会社

本社所在地 千葉県千葉市中央区新宿2丁目5番9号 8藤ビルディング 2階
免許番号
千葉県知事免許(11)第5619号
設立 昭和53年(1978)3月
特徴 大手不動産会社の三井不動産の千葉の拠点を統括している法人。千葉エリアで30年以上の実績を誇る歴史を持ち、千葉エリアでの多くの不動産取引に携わっているのが強み。また三井不動産のネットワークとネームバリューを活かした営業力も特徴です。
口コミ情報 解らないことがあって電話で聞こうと思ったら「今、近くにおりますからお伺いして説明しますよ。電話よりも実際に会ってお話をした方が理解頂けると思うので」と言ってすぐに駆けつけてくれました。やはり大手の社員さんは皆さんしっかり教育されていて気持ちが良いです。

不動産会社を見極める際、免許番号にも注目しましょう。()の中にある数字は何回この会社宅建業者としての免許を更新したかを表します。更新は5年に一回ですから、こちらの会社のように(11)となっていればそれだけで業歴の長い業者というのが分かります。

地域密着型不動産会社

千葉県のような大都市であればそれぞれの市や駅毎に特徴があります。地域に密着した会社は大手では持っていないようなそのエリアの不動産情報や、地域の特徴をよく知っているというのが強みです。

太陽ハウス株式会社

本社所在地 千葉県松戸市新松戸1丁目204番地
免許番号 宅地建物取引業/国土交通大臣(5)第5869号
設立 1980年2月26日
特徴 松戸市に本社を置く不動産会社。松戸市を拠点に40年の歴史と実績を持っており、松戸エリアの不動産情報に特化しているのが強み。地域住民向けの情報誌の発行やセミナーの開催なども行っており、発信力のある会社。松戸エリアの物件売却の際には候補にいれておきたい。
口コミ情報 担当してくれた方の笑顔と接客が最高に良かったです。やっぱり笑顔って大事ですよね‼️

アイキョーホーム

本社所在地 千葉県千葉市若葉区都賀3-2-2 ライブリー都賀
免許番号 千葉県知事免許(7)第12126号
設立 平成4年6月25日
特徴 千葉市の拠点を置く不動産会社。中古物件の売買だけでなく、オリジナルブランドで戸建て分譲も行っている。パナソニックビルダーズグループにも加盟している企業で安心感もある。
口コミ情報 家を建てて貰いました。 打合せ中はいつも娘が遊んでもらったり、いつも構ってもらっていました。

市川地所株式会社

本社所在地 千葉県市川市菅野5丁目3番28号
免許番号 千葉県知事(14)第2381号
設立 1970年12月22日
特徴 市川エリアで永年の業歴のある不動産会社。売却に強みのある不動産会社で無料査定なども気軽に頼みやすい。メールで24時間相談も受け付けてくれているので、気軽に相談できる体制が整っている。市川エリアの物件を売却する際には、候補に入れたい1社。

千葉県の不動産売却(不動産査定)のまとめ

今回の記事では千葉県の不動産売却について、下記の内容について説明をしてきました。

千葉県の中でも東京に近い西部や中央部では不動産価格が上昇している一方で、他の地域は下落が続いています。このようにエリアによって不動産価格にバラつきがあるのが千葉県の特徴ですので、不動産を売却する場合はそのエリアの相場を知ることが大切です。

千葉県の相場を知るためには様々な方法がありますが、不動産会社の査定を活用するのがオススメの方法です。これまで説明したように不動産会社の査定を取るにはネット経由の一括査定サービスはとても便利なので、不動産売却を検討している方は参考にして下さい。

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら