田舎の土地活用の方法5選!その土地実は儲かるかも?

田舎の土地活用の方法5選!その土地実は儲かるかも?

田舎での土地活用は、都会と違って難題といえます。しかし、田舎だからと悲観する必要はありません。むしろ活用せずそのままに放置してしまうと税金などの面でもデメリットが多いですし、やり方次第では儲けることも可能です。

そこで今回は田舎での最適な土地活用の方法についてお話していきます。ぜひ参考にしていただければと思います。

田舎の土地活用は難しい?そう言われる理由とは?

需要がないから

田舎_土地_活用

都会と田舎ではまず人口が違います。当たり前ですが人口が多ければ多いほど、土地活用をしても需要性があります。しかし、人口の数が少ないと土地活用をしても需要性がないのです。

人のいないところにアパートを建てたり、駐車場を作っても借りてくれる人がいなければ意味がないですよね。そのため、田舎での土地活用は難しいと言われてしまうのです。

アクセスが悪い

田舎はどこへ行くにしても車移動が必須になります。そのため、公共交通機関は上手く機能せず移動手段が制限されます。

そして制限されることによって通勤や通学にも影響が出てしまい、多くの方が田舎の土地を敬遠してしまいます。アクセスの悪いとろこにわざわざ住みたいと思う人はいません。。

その点、都会はどこへ行くにしてもアクセスが整っているため、人が集まりやすく何をしても集客できるのです。アクセスが良い=収益増大に繋がるため、どうしても土地活用は都会向きになってしまいます。

規制がある

規制と聞くと都会で建物を建てる時に引っかかることと思われがちですが、じつは田舎でも規制はあります。

田舎の場合は建物自体が建てれないといったものになります。これは「農地法」と「都市計画法の市街化調整区域」によるものとなります。

農地法

農地法とは、農地の保護が目的の法律です。農地以外の土地活用に変更しようとする場合は、農業委員会からの許可が下りなければ変更することができない仕組みになっています。

さらに申請から許可までの期間は2、3ヶ月程度かかるといわれていますので、変更するなら早めに行動してましょう。

もちろん手続きをすることで変更できるので安心してください。手続きに関してはその土地の地目がどのように登記されているかで方法は変わってきますので、地目変更するまでに事前に調べておきましょう。

ですが、農地の中には農業振興地域に指定 されてる土地もあります。これに指定されていたら農地以外に変更することはできません。そのため、農業としての土地活用しかできないということになります。

土地活用を検討しているのなら、あなたが所有している土地が農業振興地域に指定されていないか確認しておきましょう。

都市計画法の市街化調整区域

市街化調整区域とは、都市計画法により建物を建ててはいけないエリアになります。そのため、土地活用としての制限がかかっています。いくら田舎の中で好立地な土地であっても、市街化調整区域内であれば絶対建物は建てられないという事態になります。

自分が検討した土地活用ができない!という事態に陥らないためにも、事前に土地が市街化調整区域になっていないか、各自治体に問い合わせて調べましょう。

このように田舎で土地活用するなら守らなければならない規制がありますので、しっかり覚えておきましょう。

田舎の土地活用でおすすめの方法!

田舎_土地_活用

「田舎だから土地活用は諦めようかな…」と半ば投げやりになってしまいますが、そんなことはありません。

実は田舎ならではの土地活用方法もあります。以下ではその中でもおすすめの活用方法を紹介しますので、ぜひ検討してください。

資材置場

建築に使う資材置場や、土木関係などで使用する重機置場として土地を貸す活用法になります。この活用方法の最大のメリットは、何と言っても初期費用がかからないことです!

初期費用がかかってしまう土地活用は、必ず回収作業が発生してしまいます。しかし、人口の少ない土地やアクセスの悪い土地は上手く回収作業ができません。

そのため、初期費用がかからない資材置場は手軽に他人に貸すことができるのです。

ほかのメリットとして、初期費用が掛からない分違う土地活用の検討もできたり、農地法や都市計画法の市街化調整区域に引っかかることもない、というものが挙げられます。

ですが、デメリットもあります。デメリットとして挙げられるものは、以下のとおりです。

  • 需要が絶対あるとは限らない
  • 収益が少ない

手間なくできる活用方法になりますので、高収益が得られることはありません。そして必要としている事業者にも限りがありますので、絶対需要性があるとは言い切れない部分があることを頭に入れておきましょう。収益が少ないといっても、固定資産税や維持費を賄うことはできますよ。

太陽光発電

田舎の土地活用が一番多いのが、太陽光発電としての方法になります。田舎の土地は狭いということはあまりないので、広大な土地を要する太陽光発電には打ってつけということになるのです。

また、都会のように遮るものがほとんどない田舎では、太陽光をしっかり受け取り発電することができます。固定収入としては厚く、そして期間に定めのない田舎の土地は最適ということになります。ただし費用回収にも10~15年はかかります。

太陽光発電も、農地法や都市計画法の市街化調整区域に当てはまりませんので、広大な土地を持て余している方にはおすすめです。

田舎の土地で太陽光発電をする方法

太陽光発電を始めるにあたり、自分で用意して行う方法と運営会社に土地のみを貸す方法があります。自分で用意する方法は収益が高いですが、初期費用が莫大にかかります。

運営会社に土地のみ貸す方法は収益は下がりますが、ほかの費用はかかりません。どちらかがよいか懐事情と合わせて検討すると良いでしょう。

ですが、太陽光発電にもデメリットがあります。それは、雑草問題です。太陽光発電自体、手入れをすることがないので、つい放置してしまいがちです。

しかし放置してしまうと当然雑草は生えてきますので、気付けば発電ソーラーが雑草で埋め尽くされてしまう事態にもなります。

そうなると発電力=収益性に影響が出てしまいますので、定期的な雑草の手入れは必要となります。

貸農園

貸農園として活用する方法もひとつです。小さな土地でほかの土地活用に活かせなかったり、農業振興地域に指定されており農地以外の活用方法がない土地でもできます。

場所を選ぶことがなく活用できるが一番のメリットであり、魅力ともいえるでしょう。

貸し方としては様々で、ひとり相手でも小分けして大人数でも貸せます。ひとりの場合はそのまま土地を貸すことになりますので、初期費用や整備といった手間は省けますが収益が少ないです。

大人数の場合は区画整理をしなければならず、その分の費用はかかりますが収益は多いです。ただし、住宅街がないのに貸農園をしていても意味がなくなってしまいますので、近く住宅街があることが条件になります。

トランクルーム

ここ最近の土地活用として挙がっているのがトランクルームです。トランクルームのやり方は、自分でやる方法とフランチャイズや一括借り上げする方法があります。

トランクルームが田舎の土地活用のひとつとなったのは、住居に収納スペースが少ないことが言われています。

そのため、たとえアクセスが悪くても広大な土地であれば有利ということになります。また、建物を建てるにしては難しい土地にも対応することができるので、比較的やりやすい土地活用でしょう。

残念ながらトランクルームは建築物になってしまうためm市街化調整区域に指定された土地での活用の場合は一度確認してからが無難です。

また、アクセスの悪い土地は集客が難しいこともありますので、賃料を安めに設定するといったひと工夫が必要です。もちろん、コンテナにも輸送料などのコストや土地の税金もかかってきますので、安くするにしても回収できる料金に設定する必要があります。

サービス付き高齢者向け住宅

今の時代にぴったりの土地活用のひとつに、サービス付き高齢者向け住宅が挙げられます。アクセスの悪い田舎の土地でも、住宅の設備が良ければ問題はとくにないでしょう。

サービス付きとなるとどうしても費用面が高くなってしまいます。その点、田舎にあるサービス付き高齢者向け住宅は費用面がグンと抑えられるため、利用する側としてはありがたい話です。

ですが、デメリットもあります。それは、初期費用がほかの建築物より高くなることです。利用者がいて初めて費用が回収できるので、その点を克服することがポイントになります。

ただ昨今の日本では田舎の多くは高齢者が溢れかえっておりますので、うまく活用すれば高い収益が得られます。

田舎の土地を活用するなら一括査定がおすすめ

田舎の土地活用方法を紹介しましたが、土地価格がどの程度なのかを知った上で行うのと、何も知らないケースでは当然収益を出すための計算にも差が出てきます。

そこでおすすめなのが、自分の土地の価格を1分で知ることができる一括査定サイトを利用することです。

一括査定ができる『マンション売却ガイド」というサイトなら、全国の優良不動産1700社以上が登録しており、そこから一括で最大6社の査定依頼をすることができます。

60秒もあれば査定依頼ができるため、田舎の土地活用の方法に悩んでいる方はとりあえず依頼をしてみましょう。

 

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら

田舎の土地を活用せず放置するとどんなデメリットがある?

田舎_土地_活用

田舎の土地活用を決めたりすることは結構大変なことです。「どんなのがいいのか?」「収入がなるべく安定した活用法を行いたい」と考えれば考えるほど所有者も負担になり、土地を活用せず放置してしまうこともあります。

しかし、そのままの状態で放置してしまうと困ってしまうことも発生してしまいます。では、放置するとどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

固定資産税を払い続けることになる

土地を所有している以上、税金である固定資産税を払い続けなくてはいけません。これが一番厄介なデメリットになります。

住宅の固定資産税は実際に住んでいるなら払うのは当たり前と感じるかもしれません。しかし、特に何もしていない土地の固定資産税を払い続けるのは正直イタイところです。

ですが、活用しないからといって払わないと税金滞納になってしまいますので、あとで大問題となってしまいます。

田舎の土地なのでそこまで固定資産税は高くありませんが、土地価格は急に変わることはありますので注意が必要ですよ。

維持管理が大変

放置している土地は雑草が生えたり、誰かが持ち込んできたゴミなどが置かれたりと、活用したくても活用できない土地へと悪化してしまうことも多いです。

ゆえに放置された土地は維持管理が大変なのです。たとえ使っていないくても所有者にはその土地を管理する責任があります。もしその土地で何かトラブルがあった場合も、法律上は所有者の責任となってしますのです。

そのほかにも近隣トラブルの元凶ともなってしまうこともあるので、たとえ活用方法の見つからない土地でもしっかり管理する必要があるのです。

しかし管理は自分でやるには限界があります。これらを総合にみて、活用していない土地をどうするかということを検討する必要があります。

価格の下落

土地価格は生き物なので常に変動しています。しかし、需要性のある土地であればいいのですが、田舎は今後は需要が下がる一方にあるのが現実です。

人口が減り、人気もない土地はどうしても価格が下落しやすいです。そのため、場合によっては持っているより売却する方が良いということもあります。

田舎の土地活用が難しい場合は売却も視野に入れよう

田舎_土地_活用

田舎の土地活用は上手くいかない時だってありますが、売却するなら少しでも高く売りたいと思いますよね。

そこで少しでも高く売るためには準備が必要になってきます!そこで、どんな準備をすればいいのか解説していきます。

土地価格を調べ、売却希望価格を決める

一番最初にすることは、適切な土地価格を知ることです。適切な土地価格を知ることで、希望する売却価格を設定できるのです。

逆に適切な価格を知らず的外れな価格設定をしてしまうと、購入してくれる人が現れず、ずっと売土地のままの状態になってしまいます。

また、相場ならもっと高値で売れたのに、知らないばかりに数百万も損をした、なんて可能性も捨てきれません。

調べるには土地を複数の情報から、複数の不動産で一括査定をしてくれるサイトを利用したり、国土交通省の土地総合情報システムを使って実際に取引された事例を見るのもおすすめです。とても参考になりますよ。

複数の不動産業者に査定を依頼する

あなたの理想する希望価格が設定できたら、次はいよいよ信頼できる不動産業者を探して査定を依頼しましょう

不動産業者には向き不向きがあります。中には売却にあまり強くない不動産業者に依頼してしまった結果、損をしてしまうこともあります。そのため、不動産会社は慎重に選ばなければなりません。

信頼できる不動産会社を見つけるためには、複数の不動産業者に土地の査定を依頼して比較することが重要です。

複数の会社に査定してもらうことで、より良い条件を出してくれたり、田舎の土地売却の経験が豊富な不動産業者を見つけることができますよ。そのほかにも、担当者の対応する姿勢や知識、サービスなども比較することもできるのでおすすめです。

売却のタイミングは大切に

土地などの不動産は、売却のタイミングがとても大切です。ただ売ればいいではありません。特に田舎の土地は価値づけが難しいため、売却自体至難の業です。

そのため、焦って手放してしまうととんでもなく安値で売却されてしまうこともあります。ですが、田舎といっても最近は都会から移住してくる方もいますし、大型ショッピングモールができたり、高速道路ができたりすることもあります。

その結果土地価格が上昇するケースもあるので、事前に自身が所有する近隣の状況を調べるのも重要ですよ。

まとめ:田舎の土地活用は田舎ならではの特徴を活かそう

田舎_土地_活用

田舎の土地活用は都会と比べるとどうしても難しくなります。しかし、田舎でもその土地や地形の特徴を生かせば、上手く活用することは十分可能です。田舎だからと諦める必要はまったくありません。

田舎でのおすすめする土地活用を今一度おさらいしておきましょう。

  • 資材置場
  • 太陽光発電
  • 貸農園
  • トランクルーム
  • サービス付き高齢者向け住宅

もちろん、このほかにも活用方法はありますので、周囲の環境に応じて広い視野であなたの土地に合った活用方法を見つけてください。

もし活用が難しいと判断したら無理に活用はせず、思い切って売却することも考えてみてはどうでしょうか。

考え方次第で有効に活用することはできますので、新たなことを始めるにしても売るにしても、まずは価値を知るために一括査定サイトを活用してみましょう。

マンション売却ガイドの一括査定なら全国の優良不動産会社が1700社以上登録しているので、60秒というわずかな時間で自分の土地の価格の査定依頼ができます。

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら