買取再販業者とは、いったい何をする会社?利用するメリットは?

買取再販業者とは、いったい何をする会社?利用するメリットは?

「仲介業者」という言葉を聞いて知らない人はほとんどいませんが、「買取再販業者」というと、初めて耳にする人も多いかもしれません。マンションを売却する方法といえば、不動産の仲介業者が間に入って、売りたい人と買いたい人をつなぐのが一般的な方法です。

しかし、中にはさまざまな事情で、買取再販業者にマンションを買い取ってもらう売主さんもいます。では、どんなときに売主は買取再販業者を利用するのでしょうか?売主が買取再販業者を利用するメリットは、あるのでしょうか?その辺について、お話ししたいと思います。

そもそも、買取再販業者とはいったい何?

そもそも買取再販業者とは、いったいどんな業者なのでしょうか?買取再販業者とは、読んで字のごとく、買い取った物件を再販する業者のことです。

中古物件を安く買い取って、リフォームやリノベーションをして売りやすい状態にし、再販するというシステムです。売れ残った新築マンションを安く買い取って、自社の利益分をのせて販売することもあります。

こうした「再販」という業態は、昭和時代に建てられた築古マンションの対策に悩む日本において、ある意味“救世主”ともなり得る画期的な販売形態です。仲介業者だけに頼っていてはいつまでたっても売れない物件でも、買取再販業者の手にかかれば、まるで新築のように美しく甦ります。

それだけでなく、リノベーションを行うことでそのマンションに新たな価値を生み出し、「本当にこれがあのマンション?」と信じ難いような魅力的な物件へと、生まれ変わらせることも可能です。

買取再販業者に売却するのは、どんなケース?

マンションの売主が、仲介業者を通した一般的な方法ではなく、あえて買取再販業者に売却するのはどんなケースなのでしょうか?

  • 転勤や買い替えなどで、マンションの売却を急いでいる
  • 築年数が古く、売却後のトラブルが心配
  • すでに仲介業者を通して売却中だが、買手がどうしても見つからない
  • 売りにくい物件という理由で、不動産業者から仲介を断られている
  • 任意売却や競売によって、マンションを手離さなければならない
  • 売主ではなく、仲介業者が手間を省くために業者買取を勧める場合もある

このように、たとえ売却金額が安くなってしまっても、買取再販業者に売却した方がよいケースもあります。

買取再販業者をマンションの売主が利用するメリット

マンションを苦労せずスピーディーに売却できる

築古マンションなどは、仲介業者を通して販売してもなかなか買手が付かずに、売主が困り果てるケースが多々あります。その点、買取再販業者なら何も苦労することなく、スピーディーに売却することができます。

マンションを売却後、買主とトラブルになることが少ない

中古マンションを売却する際に怖いのは、売却後一定期間内に設備の不具合などが発覚した場合は、売主が瑕疵担保責任に問われることです。「給湯設備に不具合があった」「床がきしむ」といった買主からの苦情が入ると、売主はそれを修理しなければならない義務があります。

その点、買取再販業者に売却をすれば、瑕疵担保責任のことで買手とトラブルになることもありません。築30年以上の築古物件を売却する場合は、売却後に何かしらの瑕疵(傷や不具合など)が見つかる可能性が高く、最悪売主が売却後に数百万円単位の金額を支払わなければならなくなるケースもあります。

こうしたトラブルを避けたいのであれば、最初から買取再販業者に買い取ってもらった方が、トラブルに巻き込まれずに済むかもしれません。

リフォームやクリーニングの手間がかからない

築15年以上のマンションを売却する際は、何かしらのリフォームやクリーニングをかけて販売をしないと、なかなか買手が付きません。一生懸命リフォームをかけても、実際に売却後は買主自身がリフォームを行うことも多く、二度手間になってしまう可能性もあります。

その点、買取再販業者は買い取った後にリフォームをすることが前提なので、現状のまま売却することができます。

内覧の必要がない

マンションを売却するには、購入希望者の内覧が不可欠で、場合によっては10回・20回と内覧者を受け入れなければならないケースもあります。売主が居住中の場合は、内覧の度に掃除をして、家族には外出してもらい、物件の魅力をさり気なくアピールする気配りも求められます。

そのときの売主の心労たるや、半端ではありません。買取再販業者に買い取ってもらえれば、そうした内覧時のストレスも、感じることがありません。

仲介手数料がかからない場合もある

買取再販業者にマンションを買い取ってもらった場合は、仲介手数料を支払わずに済む可能性があります。仲介手数料といえば、売却額の3%+6万円なので、2,000万円で売却した場合は、66万円もの出費となります。この金額が浮くのは、嬉しい限りです。

とはいえ買取価格自体がかなり安いので、仲介手数料が必要ないからといって、喜んでばかりもいられません。「仲介手数料がかからないだけマシ」と言った方が、適切かもしれません。

マンションを売却することが周囲にバレない

仲介業者を通してマンションを売却に出すと、不動産情報サイトに物件情報が掲載されるため、「〇〇さんの部屋が売りに出ている」という噂がマンション内で広まりがちです。別に悪いことをしているわけではないので、気にする必要はないのですが、あまり気持ちの良いものでもないでしょう。

買取再販業者に売却をすれば、物件情報が人目に触れることはまったくないので、周囲の人に知られて嫌な思いをすることもありません。

よい買取再販業者を選ぶコツは?

まずは数社の買取再販業者から、「買付証明書」をもらうこと!

これは仲介業者を選ぶ際も同様ですが、けっして1社の買取再販業者だけで決めてしまわず、できれば3社以上の業者から「買付証明書」をもらうようにしましょう。その中からできるだけ買取金額が高く、信頼のおける買取再販業者をセレクトすることが、売却の成功につながります。

よい買取再販業者が販売している物件には、割高感がない

買取再販業者の販売事例を確認して、あまりに割高に感じるようであれば、その業者は避けた方が賢明かもしれません。よい買取再販業者が販売している物件は、価格設定も誠実で、利益だけを追うような売り方はしません。

ただし、設備を充実させるためにリノベーションにお金をかけている物件などは、物件自体の価値が上がっているので、割高に感じる場合もあります。

よい買取再販業者は、買取に関する説明をしっかり行い、対応も誠実

買取再販業者が訪ねてきたら、営業マンが買取に関する説明をしっかり行っているか、質問したときの対応が誠実かどうかなどを、観察するようにしましょう。どうしても買取金額にばかり意識が向いてしまいがちですが、業者の誠実さは仕事を進めていく上でとても重要です。

買取再販業者に売却する価格の相場は?

気になる買取再販業者への売却価格ですが、仲介業者の成約相場の6~7割前後と考えておいた方が良いでしょう。「安すぎる!」とビックリしたかもしれませんが、買取再販業者は転売することによって利益を得なければならないので、利益が出る価格でしか買い取ることはありません。

一般の買手のように「このマンションに住みたいから、多少高くても買う」といった選択肢は無いので、売却価格が安くなるのは止むを得ません。

買取再販業者に関するまとめ

仲介業者の力だけではなかなか売れない物件を売却するときや、売主自身が売り急いでいるときなどは、たとえ安くなってしまっても買取再販業者に買い取ってもらうのがベストの方法かもしれません。

買取再販事業に対しては国も積極的で、不動産業者が一定要件を満たして不動産を取得・再販した場合には、不動産取得税や登録免許税を軽減するという措置が設けられています。中古マンションが膨大な数にのぼる昨今、買取再販業者の活躍は、今後も期待されそうです。

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら