戸建の売却に必要な期間は平均3~6 ヶ月!1日でも早く売る方法を紹介

戸建の売却に必要な期間は平均3~6 ヶ月!1日でも早く売る方法を紹介

「より良い地域に住みたい」「資金が必要になった」「転勤のため」「相続したけどいらない」など様々な理由から、戸建の売却を考えている人は多いです。

そこで今回は戸建の売却に要する期間の解説をしつつ、なるべく早く高く売るコツを紹介します。スムーズに売却を済ませて、新しい生活を始めましょう。

戸建の売却に必要な平均期間は?

平均は3~6か月

戸建 売却 期間 売り出し中

売却に必要な期間について平均は3~6か月とされています。売れてほしい時期が前もって決まっていれば、その6か月前から行動しておけばいいわけです。

しかし、この間に絶対売却できるわけではありません。戸建の立地、価格、築年数、間取りなどによって売れる条件もある程度決まってきます。要は需要と供給の釣り合いです。

その需要と供給の釣り合い次第では、売却までの期間も早くも遅くもなってきます。

戸建の売却までのステップごとの平均期間

戸建 売却 期間 カレンダー

戸建の売却完了までには以下のステップを踏んでいきます。各ステップの期間の目安は下の表を参考にしてください。

ステップ 必要期間
①仲介不動産会社の決定 1日~数週間
②販売活動の準備 約1週間
③販売活動 売れるまで
④売買契約・引き渡し 1か月前後

①:仲介不動産会社の決定

戸建を売る手段としては、不動産会社を仲介する方法と個人間で取引する方法の2つがあります。戸建を個人間で取引することは可能です。しかし、面倒なことが多い上にトラブルが起きるケースもよくあります。

その対策として、不動産会社に仲介してもらう方法がより確実で安全でしょう。

そのため、この不動産会社選びが戸建を売るための最初にして一番大切なステップとなります。選んだ不動産会社により、戸建の売却までの期間や価格が左右されます。できるだけ広い販売網と多くのノウハウを持った不動産会社を選び抜きましょう。

②:販売活動の準備

不動産会社を選んだら、次は売値を決めていきます。そのために、売却する戸建の査定をしなければなりません。査定の際、調査により算出された査定額に需要などの付加価値を上乗せして売却価格を決めていきます。

この売却価格によっては、戸建が売れるまでの期間が大きく左右されることもあります。そのため、不動産会社と入念な打ち合わせをしてベストな売却価格を設定しましょう。

また、この期間は問い合わせがあった際、家の情報を正確に伝えるための情報収集の期間にもなります。購入を検討している人が内覧に来た時の質問内容を想定し、戸建の情報をまとめておきましょう。よく質問されるのは以下のような情報です。

  • 設備、間取り、気に入っている点、不便に思っている点
  • 日当たりや風通し
  • 地域の環境
  • 近隣の保育園や小学校の情報
  • 交通の便
  • 転出時に残しておく物
  • 近くの住人についての簡単な情報

③:販売活動を行う

いくら売却価格がベストなものでも、すぐに売却先が見つかるわけではありません。次に待つのは販売活動です。この販売活動は細かく分けて売り出し、内覧、交渉、ローンの仮審査という4つのステップになります。これらすべてをクリアしなければなりません。

最初に、売りたい戸建の広告を打って購入を希望する人からの問い合わせがあるまで待ちます。購入希望の問い合わせがあったら、内覧のスケジュールを組んで戸建を見学してもらいましょう。

その後、先方に購入の意思があれば交渉に入ります。そこでこちらの提示する売却価格と、先方の希望する買取価格をすり合わせていくわけです。

それらが終われば、先方が住宅ローンの仮審査を申し込みます。この仮審査は、結果が出るまで時間が必要なケースが増えてきています。

④:売買契約をする

住宅ローンの仮審査が通らなかった場合には、交渉を再度行って仮審査が通るのを待つか新しい買い手を待つことになります。そして、仮審査が通ればついに売買契約です。

買い手と細かい交渉を重ねて、お互い納得した内容が書かれた契約書を交わします。この契約時、買い手から手付金を受け取ります。

⑤:引き渡しを行う

売買契約後、買い手が住宅ローンの本審査を申し込みます。事前に仮審査が通っていれば、本審査もほぼ通ります。もし万が一、本審査が通らなければ契約自体がなかったことになるケースもあるので注意しましょう。

住宅ローンの本審査に通れば、売却価格から手付金を差し引いた残額を決済します。次に、契約書に基づいて引き渡しされます。

戸建の売却に時間がかかってしまうケース|原因は?

売り出す条件など売主に原因があるケース

戸建 売却 期間 時計

戸建を売る時の売却プランそのものが間違っているケースからです。間違いは2つに分けられます。

  • 売却価格が相場に比べて高い or 安い
  • 地元の買い手が少ない時期に戸建を売りに出す。

この2つの間違いをしてしまった場合、思ったほど売値が伸びないか、予定をはるかに下回る安値で売ることになるという散々な結果になる可能性があります。その原因を解説しましょう。

まず、売却価格が相場と比べて高い場合はもちろん、逆に安く設定しても売却に時間がかかることがあると挙げました。それは、購入希望者に「何か裏がありそう」と思われてしまうからです。

また、何度か値下げを繰り返して相場以下の安値になった場合も、購入希望者は更に値下がりするのを待つようになります。これが売却価格が相場より安くても期間が長くなる原因です。もう一つの原因は、これも需要と供給の釣り合いが関係してきます。

戸建を探している人は基本的には地元に前から住んでいる人がほとんどです。そんな地元の買い手が少ない時期に売りに出しても売れ残るのは目に見えています。

売却戦略など不動産会社に原因があるケース

これもよく見られるケースです。選んだ不動産会社の販売能力が低ければ、戸建売却の様々な工程に支障をきたしてしまいます。

売却をする上で、不動産会社の仕事は購入希望者を集める、内覧に呼び込む、価格交渉する、売却手続きを進めるなどです。そして、不動産会社の選択を失敗すると以下のような問題が発生します。

  • 買い手がつかない、購入を検討する人が探せない
  • 購入を検討する人が内覧まで進んでも売却まで話しが進まない
  • 価格に関する交渉能力が低く、売却に至らない
  • 売却手続きがスムーズに行われない

これらの問題は戸建の売却には度々発生します。それを見越して、時間的余裕があるとしても早く売却する工夫が必要なのです。

戸建を1日でも早く売却する方法は?

戸建 売却 期間 お金

前項で戸建の売却に時間がかかるケースと、その原因について解説しました。その対策として、前述した不動産会社選びが重要になってきます。その不動産会社選びの方法を見ていきましょう。

複数の不動産会社に査定依頼をする!

複数の不動産会社に査定依頼する理由は以下の2つです。

  • 複数の不動産会社に意見を聞けるので、売り出すタイミングと適正価格が正確にわかる
  • 地元の不動産事情に精通し、販売能力の高い不動産会社を見つけられる

一社だけに依頼する場合より、複数の不動産会社に査定してもらう方がメリットが大きいことが分かります。

一括査定はマンション売却ガイドというサイトが最適

しかし、複数の不動産会社に足を運ぶ時間がないという人がほとんどだと思います。そんな時に便利なのが、インターネットで一括査定できる『マンション売却ガイド』というサイトです。

複数の不動産会社にわざわざ足を運ぶことなく一括査定が可能となります。他にも以下のメリットがあります。

  • 自分の戸建の特徴に合った不動産会社を探してくれる
  • すぐに不動産会社が見つかることにより、売却活動を効率よく進めることができる
  • 査定の依頼は無料

戸建の売却は時間との勝負です。最初の段階の不動産会社選びの時間を短縮できるだけでもかなりのアドバンテージを得たことになります。

 

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら

自分でもできる!戸建の売却を早く終わらせるコツ

売り出す時期を考えて計画を立てる

戸建 売却 期間 内覧

実は、家を売りやすい時期というものが存在します。それは、春の新学期や秋の人事異動シーズンです。この時期は、1年の中でも特に多くの人の目にとまりやすく、問い合わせが増えることも多くあります。

逆に売れにくい時期もあり、それは夏と冬です。更に、売り出しにベストなタイミングには地域にもよります。

例えば雪の多い北海道なら冬明け、台風の多い沖縄なら夏明けといった地域ごとの変化が見られるのです。とはいえ、家を探している人は多かれ少なかれ1年中いますよね。

あくまでも、タイミングが合えば各地域の売れやすい時期に売りに出すくらいでいいでしょう。

内覧で買い手を惹きつける!

内覧までいけば一安心というわけではありません。内覧でも気を付けるポイントがあります。以下のポイントを確認しておきましょう。

  • 内覧が可能な日や時間帯を絞りすぎてないか
  • 内覧時に部屋はよく清掃されているか
  • 内覧時に聞かれた質問に的確に答えられているか
  • 内覧時に、相手に笑顔で接しているか

このように、内覧で見られているのはなにも戸建だけではありません。戸建だけではなく、その持ち主も見られています。

服装や挨拶など、出迎え時のマナーは特に重要です。そして先述した購入を検討している人からされる質問内容の想定には答えられるようにしておきましょう。

清掃に関しても、部屋や水回りの汚れがそのままだったり、臭いや湿気の残ったままでは買い手は惹きつけられません。ポイントは部屋を明るく広く、すっきり見せることです。

そうすると良い印象を与えることができるので、購入を検討している人はその戸建で暮らす将来像を想像しやすくなります。掃除の注意点は以下の3点です。

  • 不要品は前もって処分し、日用品は定位置に収納
  • 汚れやカビの除去はもちろん、消臭と換気も忘れずに
  • 家具の配置などを工夫し部屋を明るく、広く、すっきり見せる

戸建売却に必要な期間まとめ

戸建 売却 期間 済

戸建の売却を左右するのは不動産会社選びです。そして、その不動産会社選びのコツは複数の不動産会社に査定してもらうことだとも解説してきました。

損をしないためにもできることはすべてやり尽くし、その上で早く売却できるよう最大限の努力をしましょう。

業界最多!1000社以上の会社から選んで一括査定!
一部上場の大手企業から地元密着の歴史ある不動産会社などから最大6社までを選んで一括査定できる

  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 長谷工リアルエステート
  • 大京穴吹不動産
  • 大東建託
  • ハウスドゥ

一括資料請求はこちら